コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンピの建造物群

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ハンピの建造物群

北インドのイスラム教勢力に対抗したビジャヤナガルは、城壁を幾重にも巡らせ、石造り宮殿寺院を築いた。その後、イスラム勢力の攻撃で廃虚と化したが、一部の寺院や王宮跡が難を逃れた。

(2007-12-11 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界遺産詳解の解説

ハンピのけんぞうぶつぐん【ハンピの建造物群】

1986年に登録された世界遺産(文化遺産)で、インド最大の都市ムンバイ(旧称ボンベイ)の南東に位置する。14世紀、南下するイスラム勢力に対抗するため、南インドに興ったヴィジャヤナガラ王国(1336~1649年)の首都が現在のハンピで、当時はヴィジャヤナガラ(勝利の都)と呼ばれ、50万の人口を擁する大都市として栄えた。しかし、1565年、ムガル帝国のイスラム軍に敗れ、町は廃墟となって多くのヒンドゥー教寺院が残された。遺跡は現在発掘中だが、面積が広大なため、発掘されたのはまだ一部である。このような、貴重な遺跡であることが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はGroup of Monuments at Hampi

出典|講談社世界遺産詳解について | 情報

ハンピの建造物群の関連キーワードビルーパークシャ寺院アチュタラーヤ寺院ロータスマハルビッタラ寺院

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android