コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンヤン(漢陽) ハンヤンHanyang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンヤン(漢陽)
ハンヤン
Hanyang

中国華中地方,フーペイ (湖北) 省の省都ウーハン (武漢) 特別市南西部の区。チャン (長) 江の左岸,ハン (漢) 水との合流点の南西にある。対岸のウーチャン (武昌) ,ハンコウ (漢口) とともに武漢三鎮と呼ばれてきたが,1950年合併してウーハン市となった。三鎮のうちでは最も早く開け,漢代にチャン江のインウー (鸚鵡) 州に商港がおかれた。以後,交通,軍事の要衝ともなり,隋代に漢陽県がおかれた。清代には漢陽府の府治。清末に製鉄所と兵器工場が建設されたが日中戦争で荒廃。人民共和国成立後はおもに工業地区となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハンヤン(漢陽)の関連キーワードチューチョウ(株洲)特別市ピンシヤン(萍郷)特別市ターイエ(大冶)鉄鉱山ウーハン(武漢)特別市ルー(廬)山国立公園ウーチャン(武昌)ハンコウ(漢口)ルー(廬)山

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android