コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武漢三鎮 ブカンサンチン

デジタル大辞泉の解説

ぶかん‐さんちん【武漢三鎮】

《「」は中心都市の意》武昌漢口漢陽3市の総称。武昌は政治、漢口は商業、漢陽は工業の要衝地。現在は合併して武漢市を構成。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶかんさんちん【武漢三鎮】

〔「鎮」は都市の意〕 湖北省にある武昌・漢口・漢陽の総称。現在の武漢市に当たる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の武漢三鎮の言及

【漢口】より

…中国,湖北省東部の大都市。武昌,漢陽とともに武漢市を形成し,いわゆる武漢三鎮の一つである。漢水が長江(揚子江)に流入する北岸に位置する。…

【漢陽】より

…中国,湖北省東部の重要都市。漢水が長江(揚子江)に流入する南岸にあり,いわゆる武漢三鎮の一つ。現在は武昌,漢口とともに武漢市となっている。…

【武漢】より

…長江(揚子江)と漢江の合流点に位置し,武昌,漢陽,漢口の3都市を合併して成った。古くはこの三つを併せて武漢三鎮と称され,交通の要衝でもあったので群雄必争の地となった。清末張之洞の努力で近代都市の基礎が固められ,新中国成立後,1957年には武漢大鉄橋の完成や,武漢鉄鋼コンビナートの建設により,華中における一大工業基地として発展している。…

※「武漢三鎮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

武漢三鎮の関連キーワード枕・椿・沈・珍・賃・鎭・鎮・陳太平洋戦争史(年表)ウーチャン(武昌)ハンコウ(漢口)ハンヤン(漢陽)日中戦争湖北省

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android