コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーカー Harker, Alfred

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーカー
Harker, Alfred

[生]1859.2.19. キングストンアポンハル
[没]1939.7.18. ケンブリッジ
イギリスの岩石学者。ケンブリッジ大学卒業,同大学実験講師 (1884) 。生涯を同大学で過した。初期のスレート劈開の研究のほか,ウェールズ北部,イングランド北西部の湖畔地方の火山岩の研究,スコティッシュ・ハイランドの変成岩の研究にたずさわり,火成岩の成因論,岩石変成論を展開した。ロンドン地質学協会 (1922) およびロイヤル・ソサエティ (35) から表彰された。主著『火成岩の自然誌』 The Natural History of Igneous Rocks (09) ,『変成論』 Metamorphism: A Study of the Transformations of Rockmasses (32) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハーカー

英国の岩石学者。ヨークシャー生れ。研究者としての生涯をケンブリッジ大学で過ごした。火成岩の地質学的研究と物理化学的研究の総合を試みた名著《火成岩の自然史》(1909年)などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハーカー
はーかー
Alfred Harker
(1859―1939)

イギリスの岩石学者。ヨークシャーに生まれる。ケンブリッジ大学に学び、1883年卒業したあとは、終生同大学で教育と研究に従事した。ウェールズ北部やスコットランドの火山岩、スコットランドの変成岩を研究した。主著は『スカイ地域の第三紀火成岩』(1904)、『火成岩の博物誌』(1909)、『変成作用』(1932)などであるが、第二のものは近代岩石学の古典としての評価が高い。1902年、王立協会会員となった。また、1916~1918年にはロンドン地質学会会長を務め、セジュウィック賞、マーチソン・メダルなど数々の賞を受けた。[橋本光男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ハーカー

生年月日:1859年2月19日
イギリスの岩石学者,地質学者
1939年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ハーカーの関連キーワードザヒーレ・ファールヤービーアジャータシャトルマハカリ・ピャクンクロリトイド片岩吸血鬼ドラキュラナーランダ遺跡ペルシア文学結晶分化作用ハーカーニーウッジャインヒンドゥー教動力変成作用マリニョリシバ(神)サマッラー岩石成因論ファコリスドラキュラ円錐状岩床珪長斑岩

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハーカーの関連情報