コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーカー ハーカーHarker, Alfred

3件 の用語解説(ハーカーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーカー
ハーカー
Harker, Alfred

[生]1859.2.19. キングストンアポンハル
[没]1939.7.18. ケンブリッジ
イギリスの岩石学者。ケンブリッジ大学卒業,同大学実験講師 (1884) 。生涯を同大学で過した。初期のスレート劈開の研究のほか,ウェールズ北部,イングランド北西部の湖畔地方の火山岩の研究,スコティッシュ・ハイランドの変成岩の研究にたずさわり,火成岩の成因論,岩石変成論を展開した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ハーカー

英国の岩石学者。ヨークシャー生れ。研究者としての生涯をケンブリッジ大学で過ごした。火成岩の地質学的研究と物理化学的研究の総合を試みた名著《火成岩の自然史》(1909年)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハーカー
はーかー
Alfred Harker
(1859―1939)

イギリスの岩石学者。ヨークシャーに生まれる。ケンブリッジ大学に学び、1883年卒業したあとは、終生同大学で教育と研究に従事した。ウェールズ北部やスコットランドの火山岩、スコットランドの変成岩を研究した。主著は『スカイ地域の第三紀火成岩』(1904)、『火成岩の博物誌』(1909)、『変成作用』(1932)などであるが、第二のものは近代岩石学の古典としての評価が高い。1902年、王立協会会員となった。また、1916~1918年にはロンドン地質学会会長を務め、セジュウィック賞、マーチソン・メダルなど数々の賞を受けた。[橋本光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハーカーの関連キーワード光の科学史シーボルト難波抱節地向斜マジェンタの戦いの後のイタリア陣営岸沢式佐種の起源コムスン春一番点字

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハーカーの関連情報