コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーグ行動規範 ハーグコウドウキハン

1件 の用語解説(ハーグ行動規範の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ハーグ‐こうどうきはん〔‐カウドウキハン〕【ハーグ行動規範】

《「弾道ミサイルの拡散に立ち向かうためのハーグ行動規範(HCOC)」の略称》弾道ミサイル不拡散のための国際的政治合意。弾道ミサイルの拡散防止、開発・実験・配備の自制、大量破壊兵器開発が疑われる国家の弾道ミサイル計画への支援の禁止、宇宙ロケット開発計画の名目で弾道ミサイル開発の隠蔽を認めない原則、信頼醸成措置(発射・実験の事前通報など)を主な内容とする。法的拘束力はない。1987年にG7が設立した「ミサイル技術管理レジーム」を補完するもので、2002年11月、93か国の賛同を得てオランダハーグで採択された。参加国は138か国(2016年7月現在)。HCOC(Hague Code of Conduct against Ballistic Missile Proliferation)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーグ行動規範の関連キーワードSLBM大陸間弾道ミサイル中距離弾道ミサイルMIRV立ち向かう・立向かうFBM対艦弾道ミサイル北朝鮮の弾道ミサイルノドン北朝鮮の弾道ミサイルSM3ブロック2A

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone