コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーシェイ Alfred Day Hershey

大辞林 第三版の解説

ハーシェイ【Alfred Day Hershey】

1908~1997) アメリカの分子生物学者。バクテリオファージの遺伝物質が DNA であることを立証。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハーシェイ
はーしぇい
Alfred Day Hershey
(1908―1997)

アメリカの分子生物学者。1934年ミシガン州立大学で学位を得、ワシントン大学に勤める。1962年より1974年までカーネギー研究所所長。1943年ファージ・グループに加わり、M・デルブリュック、S・E・ルリアとともにファージ遺伝学の中心となる。1946年には、通常のファージとは異なる溶菌斑(はん)をもつ突然変異体を発見し、同一細胞内に存在するファージ間で遺伝子組換えが起こることを示した。また1952年チェイスとともに、ファージの遺伝子がDNA(デオキシリボ核酸)であることを示す実験を行った。彼らは、ファージのDNAを放射性リンで、タンパク質を放射性硫黄(いおう)で標識し大腸菌に感染させたところ、DNAは菌内でのみみいだされ、タンパク質は外被の部分に残されていることを示した。これは遺伝子が当時考えられていたようにタンパク質ではなく、DNAであることを示唆する重要な証拠となった。また1953年には代謝回転の速いRNA(リボ核酸)を発見している。デルブリュック、ルリアとともに分子生物学の分野の基礎的な貢献に対して1969年ノーベル医学生理学賞を受けた。[石館三枝子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハーシェイの関連キーワードルリア(Salvador Edward Luria)ハーシー(Alfred Day Hershey)デルブリュック(Max Delbrück)サルバドル・エドワード ルリア12月4日生物物理学

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android