コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代謝回転 たいしゃかいてんmetabolic turnover

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

代謝回転
たいしゃかいてん
metabolic turnover

ターンオーバーともいう。生体の構成物質が,量は一定であっても,代謝による流入と流出によって絶えず交替している現象をいう。無機イオンでは単なる出入りのみが問題となるが,蛋白質や核酸など体内で合成される物質の場合は,合成と分解が均衡して総量を一定に保ちながら絶えず入替っている。いずれの場合にも,代謝回転の実証と回転速度の測定には同位元素の使用が必要となる。代謝回転によって半数の分子が入替るのに必要な時間を生物学的半減期という。放射性同位元素の半減期が短い場合には,観測値に占める放射性同位元素の壊変の割合が無視できないので,この補正が必要となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

代謝回転の関連キーワードアルフレッド・デー ハーシータンパク質のターンオーバー高ターンオーバータンパク質アルツハイマー型痴呆治療薬メッセンジャーRNAトランスチレチンγ代謝回転速度炭酸脱水酵素ハーシェイ回転置換率長寿遺伝子代謝半減期代謝回転率水野傳一

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android