コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーツホーン ハーツホーン Hartshorn, Richard

2件 の用語解説(ハーツホーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーツホーン
ハーツホーン
Hartshorn, Richard

[生]1899
[没]1975.7.18.
アメリカ合衆国地理学者シカゴ大学出身,1924~40年の間ミネソタ大学,40~70年の間ウィスコンシン大学の教職にあった。当初は農業地理,工業地理などの研究をしていた。 39年『地理学本質論』 The Nature of Geographyを発表して,ヘットナーの影響を強く受けた地理観を示した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハーツホーン【Richard Hartshorne】

1899‐1992
アメリカの政治地理学者。ウィスコンシン大学名誉教授プリンストン大学で数学を学び,シカゴ大学院で地理学を専攻した。1924‐40年ミネソタ大学に勤務,41年よりウィスコンシン大学教授となる。日本では,《Nature of Geography》(1939。邦訳《地理学方法論》1957),《Perspective on the Nature of Geography》(1959。邦訳《地理学の本質》1975)の著書のために,地理学本質論者として知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のハーツホーンの言及

【地理学】より

…A.ヘットナーはそうした諸説を批判的に整理して,1927年には地理学本質論の古典といわれる《地理学――その本質,方法,歴史》を著して,地理学は諸事象の空間的因果関係を中核とするコロロギーであると論証した。 それから12年後に,R.ハーツホーンは,アメリカ地理学者協会の機関誌に《地理学の本質》という大論稿を発表し,基本的にはヘットナーの見解を追認したが,59年には《地理学の本質に関する展望》によって,その論旨を補足し明解にしたのである。 しかし50年代には計量革命の導入に伴い,それを支持する地理学者の中から,従来の地理学観や方法論に対する科学哲学的な批判が加えられ,地理学を理論的・予測的科学として構築しようという運動が活発になった。…

※「ハーツホーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハーツホーンの関連キーワードウィスコンシン氷期ハンセンベーカーウィスコンシンパクスアメリカーナホイットルセーアメリカン・ウォーター・スパニエルウィスコンシン[州]トレワーサラ・フォレット

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone