コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーツホーン(英語表記)Hartshorn, Richard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーツホーン
Hartshorn, Richard

[生]1899
[没]1975.7.18.
アメリカ合衆国の地理学者。シカゴ大学出身,1924~40年の間ミネソタ大学,40~70年の間ウィスコンシン大学の教職にあった。当初は農業地理,工業地理などの研究をしていた。 39年『地理学本質論』 The Nature of Geographyを発表して,ヘットナーの影響を強く受けた地理観を示した。それは,「地理学とは基本的に地域分化を記述し,説明する科学である」という考え方である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハーツホーン【Richard Hartshorne】

1899‐1992
アメリカの政治地理学者。ウィスコンシン大学名誉教授。プリンストン大学で数学を学び,シカゴ大学院で地理学を専攻した。1924‐40年ミネソタ大学に勤務,41年よりウィスコンシン大学教授となる。日本では,《Nature of Geography》(1939。邦訳《地理学方法論》1957),《Perspective on the Nature of Geography》(1959。邦訳《地理学の本質》1975)の著書のために,地理学本質論者として知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハーツホーンの言及

【地理学】より

…A.ヘットナーはそうした諸説を批判的に整理して,1927年には地理学本質論の古典といわれる《地理学――その本質,方法,歴史》を著して,地理学は諸事象の空間的因果関係を中核とするコロロギーであると論証した。 それから12年後に,R.ハーツホーンは,アメリカ地理学者協会の機関誌に《地理学の本質》という大論稿を発表し,基本的にはヘットナーの見解を追認したが,59年には《地理学の本質に関する展望》によって,その論旨を補足し明解にしたのである。 しかし50年代には計量革命の導入に伴い,それを支持する地理学者の中から,従来の地理学観や方法論に対する科学哲学的な批判が加えられ,地理学を理論的・予測的科学として構築しようという運動が活発になった。…

※「ハーツホーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android