コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーツホーン ハーツホーンHartshorn, Richard

2件 の用語解説(ハーツホーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーツホーン
ハーツホーン
Hartshorn, Richard

[生]1899
[没]1975.7.18.
アメリカ合衆国地理学者シカゴ大学出身,1924~40年の間ミネソタ大学,40~70年の間ウィスコンシン大学の教職にあった。当初は農業地理,工業地理などの研究をしていた。 39年『地理学本質論』 The Nature of Geographyを発表して,ヘットナーの影響を強く受けた地理観を示した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハーツホーン【Richard Hartshorne】

1899‐1992
アメリカの政治地理学者。ウィスコンシン大学名誉教授プリンストン大学で数学を学び,シカゴ大学院で地理学を専攻した。1924‐40年ミネソタ大学に勤務,41年よりウィスコンシン大学教授となる。日本では,《Nature of Geography》(1939。邦訳《地理学方法論》1957),《Perspective on the Nature of Geography》(1959。邦訳《地理学の本質》1975)の著書のために,地理学本質論者として知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のハーツホーンの言及

【地理学】より

…A.ヘットナーはそうした諸説を批判的に整理して,1927年には地理学本質論の古典といわれる《地理学――その本質,方法,歴史》を著して,地理学は諸事象の空間的因果関係を中核とするコロロギーであると論証した。 それから12年後に,R.ハーツホーンは,アメリカ地理学者協会の機関誌に《地理学の本質》という大論稿を発表し,基本的にはヘットナーの見解を追認したが,59年には《地理学の本質に関する展望》によって,その論旨を補足し明解にしたのである。 しかし50年代には計量革命の導入に伴い,それを支持する地理学者の中から,従来の地理学観や方法論に対する科学哲学的な批判が加えられ,地理学を理論的・予測的科学として構築しようという運動が活発になった。…

※「ハーツホーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ハーツホーンの関連キーワード黒人問題三東ルシア採石業EA-71世界女性会議リジェンダー海洋文学工業所有権木村伊兵衛写真賞井上純一

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone