ハーラル5世(読み)ハーラルごせい(英語表記)Harald V

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーラル5世
ハーラルごせい
Harald V

[生]1937.2.21. スコウガム
ノルウェー国王(在位 1991~ )。オーラフ5世の子。ノルウェー陸軍士官学校,オックスフォード大学ベリオール・カレッジで学び,ノルウェー陸海空軍大尉。父王と同じくスポーツに秀で,優れたヨット選手だった。民間出身のソニア・ハーラルセンとの交際は物議をかもしたが,2人は 1968年に結婚。マッタ・ルイーセとホーコン・マグヌスの 2人の子をもうけた。1991年1月17日,父王の死去に伴いノルウェー国王に即位。他のスカンジナビア諸国の王室と同様,おもに儀礼上の仕事に携わる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android