ハールク島(読み)はーるくとう(英語表記)Jazīreh-ye Khārk

日本大百科全書(ニッポニカ)「ハールク島」の解説

ハールク島
はーるくとう
Jazīreh-ye Khārk

イラン南部、ブーシェフル北西のペルシア湾上にある小島。面積約32平方キロメートル。カーグ島ともいう。気候は高温多湿で、以前は漁業と牧畜が細々と営まれているにすぎなかった。1958年、国際石油合弁会社が巨大タンカーの接岸可能な新石油積出し港を建設してから急速に発展し、現在はイランの原油輸出の大半がここで扱われている。イラン・イラク戦争ではイラク軍の空爆を受けた。

[香川優子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「ハールク島」の解説

ハールク‐とう〔‐タウ〕【ハールク島】

Kharg》イラン南部、ペルシア湾にある島。ホルモズガーン州に属し、本土から約25キロメートルの沖合に位置する。同国の原油輸出の大半を担う積み出し港がある。カーグ島。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android