コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハールク島 ハールクトウ

デジタル大辞泉の解説

ハールク‐とう〔‐タウ〕【ハールク島】

Khargイラン南部、ペルシア湾にある島。ホルモズガーン州に属し、本土から約25キロメートルの沖合に位置する。同国の原油輸出の大半を担う積み出し港がある。カーグ島

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハールク島
はーるくとう
Jazreh-ye Khrk

イラン南部、ブーシェフル北西のペルシア湾上にある小島。面積約32平方キロメートル。カーグ島ともいう。気候は高温多湿で、以前は漁業と牧畜が細々と営まれているにすぎなかった。1958年、国際石油合弁会社が巨大タンカーの接岸可能な新石油積出し港を建設してから急速に発展し、現在はイランの原油輸出の大半がここで扱われている。イラン・イラク戦争ではイラク軍の空爆を受けた。[香川優子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハールク島の関連キーワードカーグ島

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone