コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハ刺 ハざし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハ刺
ハざし

洋裁のステッチの一種。表地芯地とを合せて止めるのに用いる。表地の裏側に芯地を重ね,芯地にいくぶんゆるみをもたせるよう,左手指で調整しながら進める。表地側には 1mm以下の針目を,芯地側には7~14mmの針目を斜めに出す。針目が芯地側からはかたかなのハの文字を並べたように見えるところからこの名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

は‐ざし【ハ刺(し)】

片仮名の「ハ」の字形に細かく刺し縫いする方法。テーラードカラーの表地と芯(しん)とをなじませるためなどに行う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ハ刺の関連キーワード基礎縫い片仮名

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android