コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芯地 しんじ

3件 の用語解説(芯地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芯地
しんじ

心地とも書く。衣服の芯に使用するものの総称。衣服の型くずれを防ぎ,シルエットの造形化の補助,素材表現 (堅さ,弾力,張り,ボリュームなど) の補助に用いられる。繊維は毛,天竺木綿,麻,人造繊維などで,組織は平織または不織布。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しんじ【芯地】

衣服などの芯として用いる布。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芯地
しんじ

衣服用の芯に使用するものの総称で、帯(おび)芯地、衿(えり)芯地、洋服芯地などがある。また使用の繊維によって、綿芯地、綿麻交織芯地、麻芯地、毛芯地、不織布芯地などに分けられる。これらはそれぞれ目的にあった表地と組み合わすことにより、生地(きじ)の腰をよくしたり、シルエットを強調したりする。そのため現在では種類が豊富になり、薄地のもの、張りのあるもの、防縮性のあるものなど、用途に応じた芯地が使われ、生地だけで表現できない面を補い合っている。帯芯地、衿芯地には主として綿芯地が使われ、洋服芯地には多く麻、綿麻交織のものが使われる。またフェルト、ネルなども、増し芯するときに用いられる。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芯地の関連キーワード使用イメージ衣服磁力計ハーブ共裏縫物嘲るものの座クリケットボールチェーン・シャンク (Chain Shank)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

芯地の関連情報