コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芯地 しんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芯地
しんじ

心地とも書く。衣服に使用するものの総称。衣服の型くずれを防ぎ,シルエットの造形化の補助,素材表現 (堅さ,弾力,張り,ボリュームなど) の補助に用いられる。繊維は毛,天竺木綿,麻,人造繊維などで,組織は平織または不織布。生地のままのもののほかに漂白,樹脂加工,染色したものもある。主として紳士服,テーラード型女性スーツの前身頃,襟,肩,あるいはベルト,帯類に使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんじ【芯地】

衣服などの芯として用いる布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芯地
しんじ

衣服用の芯に使用するものの総称で、帯(おび)芯地、衿(えり)芯地、洋服芯地などがある。また使用の繊維によって、綿芯地、綿麻交織芯地、麻芯地、毛芯地、不織布芯地などに分けられる。これらはそれぞれ目的にあった表地と組み合わすことにより、生地(きじ)の腰をよくしたり、シルエットを強調したりする。そのため現在では種類が豊富になり、薄地のもの、張りのあるもの、防縮性のあるものなど、用途に応じた芯地が使われ、生地だけで表現できない面を補い合っている。帯芯地、衿芯地には主として綿芯地が使われ、洋服芯地には多く麻、綿麻交織のものが使われる。またフェルト、ネルなども、増し芯するときに用いられる。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

芯地の関連キーワードカンバス(織物)日本バイリーンオーガンディーリネン(亜麻)ボンディングダイニックヘアクロスカシミア抄繊織物亜麻織物旭陽産業フェルトキャメルアンコン麻織物寒冷紗霧吹き鎖帷子毛織物トワル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芯地の関連情報