バイオコンピュータ(英語表記)biocomputer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイオコンピュータ
biocomputer

蛋白質核酸などの生体物質を記憶素子やスイッチング素子として用いて,脳の機能を実現しようとするコンピュータ。バイオエレクトロニクスの究極の目的の一つとされ,コンピュータとしては第6世代以降にあたる。基礎的研究の段階ではあるが,従来のシリコンチップの代りに蛋白質を利用するバイオチップ研究開発は,日本やアメリカで始まっている。バイオコンピュータの一つとして,脳-神経系の機能にならったニューロコンピュータの研究開発もアメリカ,日本,ヨーロッパなどで盛んである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バイオコンピュータの関連情報