コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオスフィア2 バイオスフィアツー Biosphere 2

1件 の用語解説(バイオスフィア2の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイオスフィア2
バイオスフィアツー
Biosphere 2

地球環境を模した閉鎖空間での生命実験計画バイオスフィアは「生命圏」の意味で,地球そのものを「1」と考え,この実験は「2」とされた。アメリカアリゾナ州ツーソン郊外に作った巨大な温室のようなガラス建造物に外界と隔離して,砂漠,熱帯雨林,都市など7種類の生態系を作り,1991年9月から 93年9月までの2年間,男女8人の研究者が自給自足の生活をした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バイオスフィア2の関連キーワード実験計画法GEF地球環境グリーンコンシューマーリズムシーラブ計画地球外生命実験計画地球環境ファシリティ和田英太郎アポロ・ソユーズ実験計画

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone