コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオ素子 バイオそし

大辞林 第三版の解説

バイオそし【バイオ素子】

従来の半導体素子のかわりに、生体分子を用いる素子。タンパク質・ DNA などが用いられる。バイオチップ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

バイオ素子【バイオそし】

バイオコンピューターに使用される生体モデル素子。バイオチップともいう。タンパク質酵素などの生体高分子がもつ複雑な情報処理システムを利用したもので,熱消費が少なく小型の計算機の実現が期待できる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

バイオ素子の関連キーワードバイオコンピューターバイオ産業論理和回路論理積回路半導体素子生体分子否定回路従来

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android