コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バウト bout

翻訳|bout

デジタル大辞泉の解説

バウト(bout)

キックボクシング・レスリング・フェンシングなど格闘技の試合。勝負。一番。「大会ベストバウト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

バウト【Flavius Bauto】

?‐388以前
フランク族出身のローマ帝国武将。グラティアヌス治下に最高軍司令官となり(385年まで在任),ウァレンティニアヌス2世の宮廷で皇帝顧問として勢力を得る。自身は異教徒であったと思われるが,384年彼はシンマクスのウィクトリア女神祭壇復帰請願を論じた皇帝御前会議では,アンブロシウスの反駁(はんばく)をいれて請願を退けさせた。385年コンスルに就任したのち,まもなく死去。娘エウドクシアはのちにアルカディウス帝の妃となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

バウト【bout】

格闘技の一試合。一勝負。一番。 「ベスト--」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

バウトの関連キーワードユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥマイ・ハート・ウィル・ゴー・オンウァレンティニアヌス[2世]シー・ウィル・ビー・ラヴドジェームズ バレンタインドナウエッシンゲン音楽祭ペドロ アルモドヴァルウェンデル マーシャルラウンド・ミッドナイトライアン デューシックモーターボートレースバスター ベイリーAll Aboutケント ジョーダンスティーブ ガッドメイビス ファンニコラス ホルトポール ウェイツスコット ホルトリー シャオルー

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バウトの関連情報