コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バガヤー僧院 バガヤーそういん

世界の観光地名がわかる事典の解説

バガヤーそういん【バガヤー僧院】

ミャンマー中央部、同国第2の都市マンダレー近郊のインワにある僧院。コンバウン朝第7代のバジードー王により1834年に建立された総チーク材づくりの建物である。建物全体にミャンマーの伝統的な模様の彫刻が施されている。ここには、14~19世紀にかけてつくられた仏像500体が保管されている。インワは、アマラプラとはエーヤワディー川(イラワジ川)をはさんで対岸にある町で、1364年に建設され、以後400年間にわたって王都として栄えた古都である。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バガヤー‐そういん〔‐ソウヰン〕【バガヤー僧院】

Bagaya Kyaung》ミャンマー中部の町インワにある僧院。1834年、コンバウン朝のバージードー王により建立。チーク材を用いた木造建築であり、壁や柱に精緻な彫刻が施されている。王都時代につくられた500体の仏像がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android