コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バザレリー Victor Vasarely

世界大百科事典 第2版の解説

バザレリー【Victor Vasarely】

1908‐97
ハンガリー出身のフランスの画家。ブタペストの通称〈ブダペスト・バウハウス〉に学んだのち,1930年からパリに住む。〈視覚芸術探求グループGroupe de la Recherche d’Art visuel〉の中心メンバーの一人として活躍し,幾何学的な画面構成によって錯視効果をもたらす絵画を制作。幾何学的抽象絵画のなかでも,形体そのものよりも形体と人間の視覚の関係を探求しつづけてきた画家で,オップ・アートの先駆をなした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

バザレリーの関連キーワードV. ヴァザレリー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android