バッカナリア(英語表記)Bacchanalia

翻訳|Bacchanalia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「バッカナリア」の解説

バッカナリア
Bacchanalia

ローマ神話の酒神バッコスの祭り。古代ギリシアのディオニュソスの祭りが移入されたもので南イタリアに広がり,カンパニアを経て古代ローマにももたらされた。密儀的で古くは女性のみ参加が許されたが,のちには男性も加わり,宗教の装いのもとで乱交,乱行が行われたため,しばしば禁止令が出された。1世紀にはきわめて人気を集め,ポンペイの石棺壁画などにその形跡が残されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android