バッキンガム公(読み)バッキンガムこう

百科事典マイペディアの解説

バッキンガム公【バッキンガムこう】

イングランド国王ジェームズ1世の寵臣。その専横によって議会の国王に対する批判が高まり,のちのピューリタン革命遠因をつくった。1614年宮廷に入り,国王の寵愛を集め,短期間に爵位をあげて1623年には公爵昇進。皇太子チャールズ(のちの1世)を伴ってマドリードに赴き,スペイン王家との婚姻関係を打ち立てようとしたが失敗。対スペイン強硬論に転じて新国王のもとで1625年カディスを攻撃して敗れ,ついでフランスの新教徒援助のための遠征にも失敗。この度重なる失政戦費増大に議会を中心に批判が高まり,1626年には弾劾され,1628年には解任要求が出されたが,国王はいずれも議会を解散・停会することによってかばった。私怨を抱いた元軍人によってポーツマスで暗殺された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バッキンガムこう【バッキンガム公 George Villiers,1st Duke of Buckingham】

1592‐1628
イギリス国王ジェームズ1世の寵臣。彼の専横によって国王に対する議会の攻撃が強まり,のちのピューリタン革命の遠因をつくった。1614年宮廷に入り,国王の寵愛を集めて23年には公爵に昇進。同年皇太子チャールズ(1世)を伴いマドリードに赴き,スペイン王女との婚姻を成立させんとしたが失敗。対スペイン強硬論に転じて25年新王のもとでカディス攻撃を企てて敗北し,ついでフランス新教徒援助の遠征にも失敗した。たび重なる失敗,軍事費負担の増大は議会の強い反発を買い,26年には弾劾され,28年には解任要求が出されたが,いずれも国王は議会を解散・停会することによって彼を救った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバッキンガム公の言及

【チャールズ[1世]】より

…そのため,この国王の宮廷をヨーロッパにおける最後のルネサンス宮廷とみる評価がある。しかし統治においては寵臣バッキンガム公の専横が国民の不満を買い,また,スペインのカディスへの遠征やフランスのラ・ロシェルのユグノー救援に失敗し,国庫を枯渇させて重税を課し,議会との摩擦を生んだ。そのため第3議会は1628年〈権利請願〉を提出,イギリス国民の既得権に基づいて国王の失政を批判した。…

※「バッキンガム公」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android