コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッハウ渓谷 バッハウケイコク

2件 の用語解説(バッハウ渓谷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バッハウ‐けいこく【バッハウ渓谷】

Wachau》オーストリア北部、ドナウ川流域の町メルクからクレムスに至る、約35キロメートルにわたる渓谷。岩壁にバロック様式の修道院、城郭が点在し、広がるブドウ畑に映える景観が有名。2000年に「バッハウ渓谷文化的景観」として世界遺産文化遺産)に登録された。ワッハウ渓谷

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

バッハウけいこく【バッハウ渓谷】

オーストリア北部、ドナウ川下流域のメルクMelk)とクレムス(Kremus)との間の約36kmにわたって続く渓谷で、同国を代表する景勝地。ドナウ川と南北の山々と、その山裾にひろがる棚田のようなぶどう畑、第3回十字軍の遠征(1189年)の帰国途上にイングランドリチャード1世がとらえられて幽閉されていた城をはじめ、両岸に点在する古い修道院や古城、中世の面影が残るメルクやクレムスの美しい町並みなど、絵葉書のように美しい景観が続く。その途中には「ニーベルンゲン叙事詩」の舞台となったニーベルンゲンガウ(Nibelungengau)がある。これらの景観をドナウ川クルーズで楽しむことができる。およそ三十数キロメートルのクルーズで、上流のメルクから下り2時間弱、クレムスから上り約3時間かかる。なお、この渓谷一帯は古くからぶどうと杏の産地で、ドナウ川の舟運による交易ルートとして栄えていたところである。世界遺産(「バッハウ渓谷の文化的景観」)に登録されている。ウィーン西駅から観光の起点となるメルクまでは、準急で約1時間ほど。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

バッハウ渓谷の関連キーワードワッハウ渓谷

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone