バディ コレット(英語表記)Buddy Collette

20世紀西洋人名事典の解説

バディ コレット
Buddy Collette


1921.8 -
米国のジャズ奏者。
ロス・アンジェルス生まれ。
本名William Marcel Collette。
1942年から’45年海軍バンドでリーダーをした後、ラッキー・トンプソン、チャールス・ミンガス等のバンドに参加。最初の黒人ウェストコースターとなった。教鞭をとる他作曲にも従事した。’75年にはパーシー・フェイス楽団の一員として来日。代表作「ナイス・デイ・ウィズ・バディ・コレット」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android