コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バナル族 バナルぞくBahnar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バナル族
バナルぞく
Bahnar

ベトナム南部,タルラク高原以北の山地に住むモイ諸族の一民族。言語はモン=クメール語族に属する。人口約 15万と推定される。生業は陸稲を主とした焼畑耕作を中心に採集狩猟も行い,鉄鋳造技術をもつ。村は杭上家屋と中央の若者宿から成り,長老たちにより選出される世襲の村長クラが統治する。さらに数村から成るトリングという組織が領域内の狩猟,漁労などの諸権利を統轄する。双系的な親族組織をもち,宗教は精霊崇拝を基調として,水牛供犠を行う。歯をやすりで磨く研歯の習慣がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バナル族の関連キーワードコントゥム

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android