コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バフサム Bafoussam

デジタル大辞泉の解説

バフサム(Bafoussam)

カメルーン西部の都市。交通の要地であり、コーヒーをはじめとする農産物の集散地。バミレケ人が多く居住し、王宮がある。バフーサム。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バフサム
ばふさむ
Bafoussam

アフリカ中部、カメルーン西部の高地にある都市。西部州の行政・経済の中心をなす。バミレケ人の人口集中地域の中心地でもあり、人口24万2000(2001推計)、38万3191(2010推計)。交通の要衝にあたり、アフリカ横断道路(ラゴス―ナイロビ)が通過する。周辺の高地はコーヒー(アラビカ種)の産地で、市内にはその加工工場がある。市場には仮面や木彫り、ブロンズ像などバミレケ人、バムン人の伝統的工芸品が並ぶ。西方60キロメートルのチャンDchang(人口8万7000=2001推計、14万9257=2010推計)には、アフリカでもっとも興味をそそるといわれるバミレケ人の風俗がよく保存され、博物館もある。国立チャン大学のある大学町でもあり、学生増に伴う人口増が続いている。[門村 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android