コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バベジ Charles Babbage

2件 の用語解説(バベジの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

バベジ【Charles Babbage】

1792~1871) イギリスの数学者。計算機の原理を開拓した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バベジ
ばべじ
Charles Babbage
(1792―1871)

イギリスの数学者、機械学者。現代の電子計算機研究の始祖といわれる。ケンブリッジ大学に学び、母校の数学教授となった。
 初め、二階差分が定数である関数の8桁(けた)の差分表をつくる小さい階差エンジン(差分法を利用した自動計算機)をつくり、1823年に政府の援助を得て七階差分までを扱える20桁の階差エンジンの設計にとりかかった。この設計はうまくいったが、当時の技術水準では完成できなかった。彼の考えに基づいた機械は1855年にオランダの企業によってつくられた。さらに1834年に、今日の電子計算機の原型ともいうべき解析機械の原理を発見。長年にわたってこの機械の完成に努力したが、歯車やクランクなどの機械的装置だけの当時の技術では実現できなかった。しかし、その概念は今日の電子計算機に引き継がれた。1944年、ハーバード大学のエイケンHoward Hathaway Aiken(1900―1973)によるリレー式計算機MARK(マーク)‐Iは、バベジの夢を実現したものといえよう。[西村敏男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バベジの関連キーワード廃藩置県石井庄助雲仙岳ブルボン朝ゴヤ(年譜)新教育高田藩北海道開拓ハーシェル岡安喜三郎(3代)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バベジの関連情報