コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリカッスル Ballycastle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バリカッスル
Ballycastle

イギリス北アイルランド北部,モイル地区の行政府所在地。アイルランド語で Baile An Chaistil。旧アントリム県に属する。バリカッスル湾に臨み,沖にはかつてスコットランド王ロバート1世ブルースが洞窟に身を隠していたと伝えられるラスリン島が浮かぶ。グレンシェスク川の河口に位置し,近くにはノックレイド山(517m)がある。交易の中心地であり,漁港,保養地でもある。近郊にはボナマジー・フランシスコ修道院やデュナニーニ城の遺跡がある。1898年,イタリアの電気技師グリエルモ・マルコーニが,ラスリン島の灯台とバリカッスルとの間に初めて無線電信システムを設置した。人口 5073(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android