コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリューチェーン

2件 の用語解説(バリューチェーンの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バリューチェーン

企業活動における業務の流れを機能単位に分割してとらえ、業務の効率化や競争力強化を目指す経営手法。例えばメーカーであれば、技術開発、資材調達、製造、販売、出荷物流、代金回収などの業務に分割できる。分割した業務機能を精査することで、どの業務に注力し、どこを外注するかといった経営判断がしやすくなる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バリューチェーン
ばりゅーちぇーん
value chain

企業の競争優位性を高めるための考え方で、主活動の原材料の調達、製造、販売、保守などと、支援活動にあたる人事や技術開発などの間接部門の各機能単位が生み出す価値を分析して、それを最大化するための戦略を検討する枠組み価値連鎖と邦訳される。ハーバード・ビジネス・スクール教授のマイケル・ポーターMichael E. Porter(1947― )が著書『競争優位の戦略』(1985年刊)のなかで用いた。もともとは一企業における機能の価値連鎖を分析することをさしていたが、複数の企業にまたがるビジネスの経営手法であるサプライチェーン・マネジメントSCM)という概念と、それを支援する情報システムが発展した結果、複数企業を包括しての価値の連鎖を意味するようになった。バリューチェーンを分析した結果、その企業が価値をもっとも多く生み出すことができる機能に注力し、価値を生み出していない機能は外部に委託する経営戦略を「コアコンピタンス(競争優位分野)戦略」とよぶ。たとえばアメリカアップル社はハードウェアについては製品設計と販売に集中し、製造機能は他社に委託している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バリューチェーンの関連キーワード購買行動のタイプ機能別戦略件名四部生産組合部立てニグリの分類リアル分類員外利用機能型組織

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バリューチェーンの関連情報