バルツァー(読み)Baltzer,Franz

朝日日本歴史人物事典の解説

バルツァー

没年:1927.9.13(1927.9.13)
生年:1857.5.29
明治時代のお雇いドイツ人鉄道技師。ギーゼンの生まれで,プロシア王国工部省参事官。明治31(1898)年2月に来日,逓信省工部顧問となり,技術上の諮問に応じたり市街線の設計に従事し,新橋・永楽町(東京駅)間の高架鉄道の建設に当たって烏森経由線よりも銀座経由線の方が有利であるという意見を上陳した。同線の建設は22年に東京市区改正の設計がなされて以来の懸案で,日本で初めての高架鉄道として注目を集めたが,着工されたのは33年であった。36年に任期満了により解任。勲3等に叙せられる。<参考文献>鉄道省編『日本鉄道史』中

(老川慶喜)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android