コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルヒー Abū Zayd al‐Balkhī

世界大百科事典 第2版の解説

バルヒー【Abū Zayd al‐Balkhī】

850ころ‐934
アラブの著名な学者。とくに地理学者として重要である。中央アジアのバルフ近くの小村に生まれ,のちイラク遊学中に哲学者キンディーの弟子となった。イスラムの伝統的学問のほか,哲学,占星術天文学薬学などを学び,多くの著作を残したが,ほとんど散逸した。晩年に著した地理書《世界の姿》(920ころ)は当時のイスラム帝国の全領域を20の部分に分けた一種の世界地図で,おのおのの地図には短い注釈が付されていた。この形式はのちの地理学者へ受け継がれ,9~10世紀イスラム地理学上の重要な一学派を形成した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

バルヒーの関連キーワードグローバルヒープイブン・ハウカルローカルヒープイスタフリーマクディシー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android