コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルヒー Abū Zayd al‐Balkhī

1件 の用語解説(バルヒーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バルヒー【Abū Zayd al‐Balkhī】

850ころ‐934
アラブの著名な学者。とくに地理学者として重要である。中央アジアバルフ近くの小村に生まれ,のちイラク遊学中に哲学者キンディーの弟子となった。イスラムの伝統的学問のほか,哲学,占星術天文学,薬学などを学び,多くの著作を残したが,ほとんど散逸した。晩年に著した地理書《世界の姿》(920ころ)は当時のイスラム帝国の全領域を20の部分に分けた一種の世界地図で,おのおのの地図には短い注釈が付されていた。この形式はのちの地理学者へ受け継がれ,9~10世紀イスラム地理学上の重要な一学派を形成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バルヒーの関連キーワードキンディーアングロアラブ末学汎アラブ主義マスウーディ有名アラブレーベウエアラブル生き残りクラブの冒険新井宣卿

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バルヒーの関連情報