コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バル・ヘブライウス Bar-Hebraeus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バル・ヘブライウス
Bar-Hebraeus

[生]1226
[没]1286.7.30. マラガ
シリアの文学者。ユダヤ系キリスト教徒で,シリア語の著作によってシリア文学,思想史上の重要人物とされる。ユダヤ教からキリスト教へ改宗した医者を父とし,シリアのアンチオキアに住み,キリスト教東方教会ヤコブ派の修道士,のちにアレッポ主教,さらに大主教になった。シリア語で『世界史要』を書き,みずからそのアラビア語訳をしたほか,旧約聖書のシリア語訳,『聖所の燭台』および『光線の書』のような単性論派キリスト教教理についての著作を書き,キリスト教東方教会に大きな影響を与えた。 (→キリスト単性説 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バル・ヘブライウスの関連キーワードアンチオキアシリア文学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android