コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレンヌ逃亡事件 バレンヌとうぼうじけんFuite à Varennes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バレンヌ逃亡事件
バレンヌとうぼうじけん
Fuite à Varennes

フランス革命の際,1791年6月 20日夜,国王ルイ 16世と王妃マリ・アントアネットオーストリアへの逃亡をはかり,東部国境に近いバレンヌにおいて発見され,パリに送還された事件。共和主義派を刺激し,サン=キュロットを中心とする王政廃棄の大衆暴動が続発した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バレンヌ逃亡事件
ばれんぬとうぼうじけん

フランス革命中、1791年6月に起こった国王ルイ16世一家の逃亡未遂事件。バレンヌVarennesは、フランス北東部、現ムーズ県にある、一家が捕らえられた地。王一家は、内外の反革命勢力の計画に従い、パリを脱出、北東国境に近いモンメディーに待機する国王軍に身を寄せ、オーストリアに依存しつつ、革命勢力に対抗する予定であった。個人的には王妃マリ・アントアネットの愛人、スウェーデンの貴族フェルセンが加担していた。6月20日深夜、変装した一行は大型馬車でひそかに王宮を脱出したが、手違いと油断が重なり、21日から22日にかけての夜、バレンヌで捕らえられ、25日パリへ送還された。王権の反革命性を暴露した自滅行為であり、国民の王家への不信や共和主義を高める結果となった。[山上正太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バレンヌ逃亡事件の関連キーワードフェルセン(Hans Axel von Fersen)マラー(Jeanシャン・ド・マルスの虐殺フランス革命史(年表)フランス史(年表)ルイ(18世)ルイ[18世]ルイ(16世)ルイ[17世]ピルニッツ宣言ジャコバン派フランス革命キュロットバルナーブブリッソージロンド派フイヤン派ダントン国民軍

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android