バロッハ(英語表記)Baroja, Pío

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バロッハ
Baroja, Pío

[生]1872.12.28. サンセバスティアン
[没]1956.10.30. マドリード
スペインの小説家。いわゆる「1898年の世代」に属し,20世紀前半のスペインの写実主義小説を代表する。開業医やパン工場経営を経て,バスク地方の庶民の哀歓の日々を写した短編集『暗い生活』 Vidas sombrías (1900) の成功を機に作家生活に入った。代表作『アイスゴリの家』 La casa de Aizgorri (1900) ,『ラブラス長子El mayorazgo de Labraz (03) ,『生存競争』 La lucha por la vida (04) ,『探索』 La busca (04) ,『雑草』 La mala hierba (04) ,『知恵の木』 El árbol de la ciencia (11) ,『ある行動家の思い出』 Memorias de un hombre de acción (22巻,13~35) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android