コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンゼ Ewald Banse

1件 の用語解説(バンゼの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バンゼ【Ewald Banse】

1883‐1953
ドイツ地理学者ブラウンシュワイク生れ。F.vonリヒトホーフェンとA.キルヒホフに学び,1906年以降,トリポリエジプト小アジアリビアモロッコなどを研究旅行し,オリエント研究を生涯の課題とする。《エジプト》(1909),《オリエント》(1910),《トルコ》(1915),《砂漠,椰子,バーザール》(1921),《ハレム,奴隷,隊商》(1921),《千一夜》(1924)のほかに,《印象主義と地理学》(1920),《新地理学》(1922‐25),《景観と地表の精神》(1921),《地理学辞典》(1923)などを著し,地理的要素の生きた総体としての景観研究には,要素の客観的分析よりも,むしろ芸術的直観が必要とし,各文化景観に特有の〈形態への意志〉に迫るべきことを強調した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バンゼの関連キーワード自然地理学人文地理学生物地理学地理学動物地理学ブントフンボルトリッター輿地誌略統一ドイツ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone