バンゼ(英語表記)Ewald Banse

世界大百科事典 第2版の解説

バンゼ【Ewald Banse】

1883‐1953
ドイツの地理学者。ブラウンシュワイク生れ。F.vonリヒトホーフェンとA.キルヒホフに学び,1906年以降,トリポリエジプト,小アジア,リビアモロッコなどを研究旅行し,オリエント研究を生涯の課題とする。《エジプト》(1909),《オリエント》(1910),《トルコ》(1915),《砂漠,椰子,バーザール》(1921),《ハレム,奴隷,隊商》(1921),《千一夜》(1924)のほかに,《印象主義と地理学》(1920),《新地理学》(1922‐25),《景観地表の精神》(1921),《地理学辞典》(1923)などを著し,地理的要素の生きた総体としての景観研究には,要素の客観的分析よりも,むしろ芸術的直観が必要とし,各文化景観に特有の〈形態への意志〉に迫るべきことを強調した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報