コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンゼ Ewald Banse

世界大百科事典 第2版の解説

バンゼ【Ewald Banse】

1883‐1953
ドイツの地理学者。ブラウンシュワイク生れ。F.vonリヒトホーフェンとA.キルヒホフに学び,1906年以降,トリポリエジプト,小アジア,リビア,モロッコなどを研究旅行し,オリエント研究を生涯の課題とする。《エジプト》(1909),《オリエント》(1910),《トルコ》(1915),《砂漠,椰子,バーザール》(1921),《ハレム,奴隷,隊商》(1921),《千一夜》(1924)のほかに,《印象主義と地理学》(1920),《新地理学》(1922‐25),《景観と地表の精神》(1921),《地理学辞典》(1923)などを著し,地理的要素の生きた総体としての景観研究には,要素の客観的分析よりも,むしろ芸術的直観が必要とし,各文化景観に特有の〈形態への意志〉に迫るべきことを強調した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

バンゼの関連キーワードデューイ(John Dewey)サッコ=バンゼッティ事件サッコ‐バンゼッティ事件アメリカ合衆国史(年表)サッコバンゼッティ事件ウィルクスランドフレーム・アップ戦間期(年表)ベン シャーンドス・パソスアンダーソンホロコーストBostonバンゼア海岸シンクレアシャーンデューイ裁判批判巴金冤罪

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android