コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンチ病 バンチびょう

百科事典マイペディアの解説

バンチ病【バンチびょう】

イタリアのバンチG.Bantiが19世紀末に初めて記載した原因不明の疾患。症候群ともされる。貧血と脾腫(ひしゅ)に始まり,出血しやすくなり,黄疸(おうだん),肝腫大,腹水などを呈し,悪液質などで死亡する。
→関連項目門脈圧亢進症

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

バンチ病の関連キーワード症候群バンチ症候群脾臓