バンチ病(読み)バンチびょう

百科事典マイペディアの解説

バンチ病【バンチびょう】

イタリアのバンチG.Bantiが19世紀末に初めて記載した原因不明の疾患。症候群ともされる。貧血と脾腫(ひしゅ)に始まり,出血しやすくなり,黄疸(おうだん),肝腫大,腹水などを呈し,悪液質などで死亡する。門脈圧亢進症のうち,原因の不明な特発性門脈圧亢進症とほぼ同義。治療は鉄剤投与や脾臓摘出など。
→関連項目門脈圧亢進症

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android