コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンチ病 バンチびょう

百科事典マイペディアの解説

バンチ病【バンチびょう】

イタリアのバンチG.Bantiが19世紀末に初めて記載した原因不明の疾患。症候群ともされる。貧血と脾腫(ひしゅ)に始まり,出血しやすくなり,黄疸(おうだん),肝腫大,腹水などを呈し,悪液質などで死亡する。
→関連項目門脈圧亢進症

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

バンチ病の関連キーワードバンチ症候群低色素性貧血脾臓

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android