コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝腫大

世界大百科事典 第2版の解説

かんしゅだい【肝腫大 hepatomegaly】

肝臓が病的に大きくなること。肝臓は人体内で最も大きな実質臓器で,大部分は右上腹部(右季肋部)に位置している。正常者の肝臓の重量は,年齢によって異なるが,成人男子で1000~1300g,成人女子で900~1100gである。肝鎌状靱帯(じんたい)によって右葉と左葉に分けられ,右葉は左葉の約6倍である。正常肝右葉の上界は右乳線上で第5~6肋骨の高さ,下界は右肋骨弓下にあって肋骨弓下にわずかに触れるか触れない程度であるが,腫張した肝臓では下縁が下がってくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の肝腫大の言及

【肝硬変】より

…すなわち,肝細胞が変性,壊死と再生を繰り返す一方,間葉系反応の亢進(隔壁性繊維形成)する結果,肝小葉の改築(偽小葉の形成)が起こり,肝細胞の機能が著しく障害されるのである。
[症状]
 全身倦怠感,疲れやすい感じ,食欲不振などの自覚症状と,肝腫大,くも状血管腫,手掌紅斑,食道静脈瘤などが高率にみられる(このような症状を示すものを代償性肝硬変という)。程度の差こそあれ,脾腫もみられる。…

※「肝腫大」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

肝腫大の関連キーワード非アルコール性脂肪肝炎バッド・キアリ症候群バッドエキノコックス門脈圧亢進症アミロイド肝肝毛頭虫感染スティル病心機能検査横川吸虫症心臓弁膜症肝細胞がんイヌ回虫脾性貧血E型肝炎肝吸虫症バンチ病寄生虫肝膿瘍肝硬変

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android