コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンツースタン Bantustan

翻訳|Bantustan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンツースタン
Bantustan

アパルトヘイト時代の南アフリカ共和国政府が行なった領土的隔離政策により,国内の黒人(バンツー語系諸族)に割り当てられた 10の指定居住地域。「バンツー族の国」の意。ホームランドバンツーホームランドなどとも呼ばれる。政府は 1959年のバンツー自治促進法に基づき,人口の 75%以上を占める黒人を部族別に 10のバンツースタンに分離し,名目上の自治を与えた。1963年に自治を認められたトランスケイが 1976年に,次いで 1977年ボプタツワナ,1979年ベンダ,1981年シスケイが独立したが,国際社会はこれに強く反発し,承認しなかった。バンツースタンに割り当てられた土地は,やせて鉱物資源に乏しい荒地が多かったため経済的な自立は難しく,多くは低賃金の出稼ぎ労働者となって白人居住区に住まざるをえなかった。1991年にアパルトヘイトが全廃されたのち,国内の民主的再構築が進み,1994年バンツースタン市民は南アフリカの市民権を獲得した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バンツースタン(Bantustan)

南アフリカ共和国アパルトヘイト政策に基づいて1950年代に設置した、バンツー族などの黒人居住地域。同国に10か所、実効支配していたナミビアに8か所置き、1970年代に独立や自治を与えたが、名目的なものとして国連や諸外国は承認しなかった。1990年のナミビア独立で同国内のものは消滅。アパルトヘイト撤廃後の1994年に南アフリカのものも廃止された。ホームランド。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

バンツースタンの関連キーワード黒人意識運動[南アフリカ共和国]クワズールー・ナタール州ズールーランドクワズールーラ・グーマブテレジコーサ族ウムタタ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android