コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンメトート Buon Ma Thuot

デジタル大辞泉の解説

バン‐メ‐トート(Buon Ma Thuot)

ベトナム南部、ダクラク省の都市。同省の省都。中央高原地域の中心地。エデ族および、ベトナム戦争後に移住したベト族が多く居住。周辺には少数民族の集落が点在する。コーヒーの名産地として知られるほか、ゴム、コショウなどを産する。ヨックドン国立公園への観光拠点。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

バンメトート【Ban Me Thout】

ベトナム南部,アンナン山脈の西側に広がるダルラク高原南西部の都市。人口約6万5000。標高500mに位置し,気温は乾季で月平均20℃とホー・チ・ミン市より5℃低くしのぎよい。海岸のニンホアから国道21号線がここを経てカンボジア方面へ通じ,また北はプレーク,南はダラトに通ずる交通の要衝であり,戦略的拠点でもある。付近はベトナム人による新開拓地で,ベトナム戦争まではゴムやコーヒーの農園も開かれていた。現在,大学が置かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンメトート

ブオンメトート」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バンメトートの関連キーワードダライヌア滝ブオンドン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android