コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バージャー石窟 バージャーせっくつBhājā Caves

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バージャー石窟
バージャーせっくつ
Bhājā Caves

インド西部,ムンバイ (ボンベイ) の東南約 130kmにある仏教の石窟寺院。全 20ほどにも及ぶ石窟のうち第 12チャイティヤ窟と第 19ビハーラ窟は前2世紀中頃に属し,インド最古のものの1つとして著名。他はその後およそ3世紀間に開掘されたらしい。第 12窟は木造建築の形を忠実に模しており,身廊の奥にストゥーパ (仏塔) を安置し,壁画の痕跡が認められる。第 19窟は方 5mほどの広間を主体とする小窟ながら,壁面には馬車に乗った人物,広間には武人像などの浮彫がある。第 19窟の北方に密集して計 14基の小ストゥーパが残っており,高僧たちの墓であろうといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バージャー石窟の関連キーワード仏教建築

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android