コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーツヤーヤナ Vātsyāyana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーツヤーヤナ
Vātsyāyana

350年頃在世したインドの正統バラモン系統の哲学派の一つニヤーヤ学派学匠。この学派の根本経典である『ニヤーヤ・スートラ』に対して重要な注解書を著わした。彼の注解書には後世ウッディヨータカラ (6世紀後半頃) が評釈を著わした。男女間の性愛や一般市民の生活,技芸を扱った『カーマ・スートラ』の著者バーツヤーヤナと同一人ともいわれているが疑わしい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バーツヤーヤナ【Vātsyāyana】

4世紀ころのインド哲学の学匠。生没年不詳。ニヤーヤ学派の学匠で,別名パクシラスバーミンPakṣilasvāmin。この学派の根本経典である《ニヤーヤ・スートラNyāya‐sūtra》に対する注釈書《ニヤーヤ・バーシヤNyāya‐bhāṣya》を著した。この中で彼は,論証(ニヤーヤ)の学問が,ベーダ以来のバラモン主義の正統の道を行くものであることを強調し,イーシュバラĪśvara(主宰神)を論理学の体系の中に位置づけた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバーツヤーヤナの言及

【カーマスートラ】より

…現存する古代インドの性愛論書(カーマ・シャーストラ)のうちで,最も古くかつ重要な文献。バーツヤーヤナ(マッラナーガ)作であり,およそ4~5世紀ころに成立したと推定されるが,この成立年代はなんら確定的なものではない。古来,インドではダルマ(法),アルタ(実利),カーマ(性愛)を人生の三大目的(トリ・バルガ)とするが,バーツヤーヤナは特にカーマを学ぶ意義を強調してこの書を著したものである。…

※「バーツヤーヤナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

バーツヤーヤナの関連キーワードニヤーヤ・バールティカカーマスートラ六十四芸

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android