コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーツヤーヤナ バーツヤーヤナ Vātsyāyana

2件 の用語解説(バーツヤーヤナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーツヤーヤナ
バーツヤーヤナ
Vātsyāyana

350年頃在世したインドの正統バラモン系統の哲学派の一つニヤーヤ学派の学匠。この学派の根本経典である『ニヤーヤ・スートラ』に対して重要な注解書を著わした。彼の注解書には後世ウッディヨータカラ (6世紀後半頃) が評釈を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バーツヤーヤナ【Vātsyāyana】

4世紀ころのインド哲学の学匠。生没年不詳。ニヤーヤ学派の学匠で,別名パクシラスバーミンPakṣilasvāmin。この学派の根本経典である《ニヤーヤスートラNyāya‐sūtra》に対する注釈書《ニヤーヤ・バーシヤNyāya‐bhāṣya》を著した。この中で彼は,論証(ニヤーヤ)の学問が,ベーダ以来のバラモン主義の正統の道を行くものであることを強調し,イーシュバラĪśvara(主宰神)を論理学の体系の中に位置づけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のバーツヤーヤナの言及

【カーマスートラ】より

…現存する古代インドの性愛論書(カーマ・シャーストラ)のうちで,最も古くかつ重要な文献。バーツヤーヤナ(マッラナーガ)作であり,およそ4~5世紀ころに成立したと推定されるが,この成立年代はなんら確定的なものではない。古来,インドではダルマ(法),アルタ(実利),カーマ(性愛)を人生の三大目的(トリ・バルガ)とするが,バーツヤーヤナは特にカーマを学ぶ意義を強調してこの書を著したものである。…

※「バーツヤーヤナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バーツヤーヤナの関連キーワードアイネシデモス提婆ダルマキールティニンバールカバーダラーヤナプラバーカラ迦毘羅仙竜樹サンバンダルマドゥスーダナ・サラスバティー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone