コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーンゼン バーンゼンBahnsen, Julius

1件 の用語解説(バーンゼンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーンゼン
Bahnsen, Julius

[生]1830.3.30. トンデルン
[没]1881.12.7. ローエンブルク
ドイツの哲学者。 1858年ローエンブルク高校教師ショーペンハウアーヘーゲルの影響を受け,実在的弁証法 Realdialektikを説いた。また性格学の創始者の一人としても知られる。主著『性格学』 Beiträge zur Charakterologie (2巻,1867) ,『実在的弁証法』 Der Widerspruch im Wissen und Wesen der Welt (2巻,80~81) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バーンゼンの関連キーワード民衆を導く自由の女神シャルル赤と黒お蔭参り七月革命歌川広重(初代)大塩平八郎天童藩強制栽培制度天保

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone