コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーントシェンナ burnt sienna

翻訳|burnt sienna

色名がわかる辞典の解説

バーントシェンナ【burnt sienna】

色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだ黄赤」としている。バーントは「焼いた」という意味。一般に、イタリアのシェンナで産出した土を焼いて作った顔料のようなみがかった褐色をさす。シェンナはシェーナ、シエナとも表記する。絵の具の色名として知られる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

バーントシェンナ【burnt sienna】

酸化鉄・粘土などから成るくすんだ黄赤色の顔料。また、その色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

バーントシェンナの関連キーワードローシェンナ酸化鉄粘土顔料

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android