コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーントシェンナ burnt sienna

翻訳|burnt sienna

2件 の用語解説(バーントシェンナの意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

バーントシェンナ【burnt sienna】

色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだ黄赤」としている。バーントは「焼いた」という意味。一般に、イタリアのシェンナで産出した土を焼いて作った顔料のようなみがかった褐色をさす。シェンナはシェーナ、シエナとも表記する。絵の具の色名として知られる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

バーントシェンナ【burnt sienna】

酸化鉄・粘土などから成るくすんだ黄赤色の顔料。また、その色。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーントシェンナの関連キーワード青紫オリーブグリーン黄赤黄緑グラスグリーンシルバーグレイスカイブルー鉄黒灰茶マルーン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone