コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイロウ(牌楼) パイロウpái lóu

世界大百科事典 第2版の解説

パイロウ【パイロウ(牌楼) pái lóu】

中国の門型建築で,扉がなく開放的なもの。日本では〈はいろう〉とも読み,また牌枋(はいほう)ともいう。柱を1列に立て3~5間などに作り,上に段差のある小屋根をいただくが,奥行はなく,独立して立つ。木造のほか石造のものも少なくなく,彫飾や彩色で華麗な装飾を施すものもある。宮殿陵墓孔子廟道観仏寺ラマ廟などの前方に建てられるものが多く,烏頭(うとう)門,櫺星(れいせい)門もその一種に属する。またかつての北京城内のように街路上に設けられるものもあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のパイロウ(牌楼)の言及

【烏頭門】より

…宋代以降は一般に櫺星門(れいせいもん)と呼ばれるようになり,各地の孔子廟に石造のものが多く現存する。今日,牌坊と呼ばれる,牌楼(パイロウ)の屋根のない形式の門もこれと同様のものである。【田中 淡】。…

※「パイロウ(牌楼)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

パイロウ(牌楼)の関連キーワード烏頭

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android