コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏頭門 うとうもんwū tóu mén

1件 の用語解説(烏頭門の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うとうもん【烏頭門 wū tóu mén】

中国,2本の柱の上部を貫(ぬき)でつなぎ,中間に2枚の板扉を設けた門。烏頭棹楔門(とうせつもん),烏頭大門ともいう。唐・宋時代,これを住宅に用いることのできる者の官位は限られた。北宋時代の平江(蘇州)では里坊の坊門にこれが多用された。宋代以降は一般に櫺星門(れいせいもん)と呼ばれるようになり,各地の孔子廟に石造のものが多く現存する。今日,牌坊と呼ばれる,牌楼(パイロウ)の屋根のない形式の門もこれと同様のものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone