コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイロン パイロン pylon

翻訳|pylon

3件 の用語解説(パイロンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

パイロン(pylon)

古代エジプト神殿の入り口にある双塔状の門。ピロン。
吊橋(つりばし)のケーブルを支える塔状の構造物。
高圧電線を支える鉄塔。
航空機で、エンジンなどを支持するための柱。
カラーコーン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

パイロン【pylon】

古代エジプトの、神殿の入り口にある塔状の門。ピュロン。ピロン。
飛行機のエンジンなどをつる支柱。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパイロンの言及

【塔】より

…メソポタミアの城市の市門も塔状の部分にはさまれるのが普通で,市壁にも塔がそなえられた。古代エジプトの石造神殿入口はピュロン(パイロン)と呼ばれる塔にはさまれていた。またその前には1対のオベリスクが建てられた。…

【門】より

…一方,建物の一部をなす出入口には,格門,版門,歓門など各種の形式があり,それらはむしろ日本でいう扉や玄関の類型に属するが,言語としては今日でも両種の意味に用いられている。【田中 淡】
【西洋】
 古代エジプトの神殿にはピュロンpylōn(パイロンpylon)と呼ぶ塔門があり,傾斜した壁面をもつ二つの台形の建物をつなぎ,その中央に戸口を設けていた。ナイル川上流に多数建造された要塞の門も,二つの塔のあいだに扉口を設ける形式をとっていた。…

※「パイロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パイロンの関連キーワードエジプト語エジプト美術ルクソールエジプト鼠エジプト文明エジプト綿古代エジプト語デボ神殿エジプト風マルカタ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パイロンの関連情報