コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パカワージ pakhawāj[サンスクリツト]

世界大百科事典 第2版の解説

パカワージ【pakhawāj[サンスクリツト]】

北インドの打楽器。胴体の中央部が少しふくらみをもつ細長い両面太鼓。奏法は,あぐらをかき,両手で楽器を挟むようにして,素手で演奏する。南インドの太鼓ムリダンガと同類の楽器であるが,材質や奏法には違いがみられる。パカワージもかつては北インドで広く使われていたらしいが,今日ではタブラ(太鼓)が主流をなし,ドゥルパドやダマールdhamārといった古いスタイルの声楽や,ビーンbīn(ビーナーの北インドの呼称)などの限られた分野の伴奏に使われるのみとなっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android