コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パキポジウム Pachypodium

1件 の用語解説(パキポジウムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パキポジウム【Pachypodium】

アフリカとマダガスカルに分布するキョウチクトウ科の常緑または落葉の低木または小高木(イラスト)。しばしば茎の基部が多肉に肥大し,貯水器官となる。茎は地上性で10mくらいになるものから地下性のものまであり,単立または枝を分かち,形は円柱形,紡錘形,球形,岩塊状をなす。葉は普通,幹または枝の先端に束生し,大きく,やや平行の側脈が多数あり,多肉質ではない。通常,葉の両側ないし葉の基部上縁に1対,種によっては3本のとげをもち,多くの種では枝にもとげがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone