コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パク・ヨル パク ヨルPak Yol

20世紀日本人名事典の解説

パク・ヨル
パク ヨル
Pak Yol

大正・昭和期の朝鮮独立運動家 在日本大韓民国居留民団(民団)初代団長;元・南北平和統一委員会(北朝鮮)副委員長。 朴烈事件の被疑者。



生年
1902年3月12日

没年
1974年1月17日

出生地
慶尚北道梧泉里(朝鮮)

本名
朴 準植(パク ジュンシク)

学歴〔年〕
京城高等普通学校師範科〔’19年〕中退

経歴
中学の頃から民族独立の思想に目覚め、師範科在学中の1919年3.1運動に参加。同年弾圧を逃れて日本に渡り、日本人アナーキスト、共産主義者らと交流し労働運動の支援などを行う。’21年朝鮮人左翼結社・黒涛会を組織、’22年無政府主義者の朝鮮人の会・黒友会を結成。同年春、朝鮮人の解放運動に共感をもつ金子文子と同棲、共に「太い(ふてい)鮮人」などを発行。翌’23年4月不逞社を組織。同年9月1日の関東大震災に際して金子文子とともに保護検束され、皇太子爆殺を謀っていたとされて大逆罪にデッチあげられ、’26年3月大審院で死刑判決を受ける(朴烈事件)。同年4月御大典の恩赦で無期懲役に減刑となったが金子は獄中で自殺。この間予審中での2人の写真が獄外に持ち出され、当局の取調べが手ぬるいとして右翼・国家主義者らによって若槻内閣の倒閣運動に利用された(怪写真事件)。戦後’45年10月出獄。’46年1月新朝鮮建設同盟を結成し委員長、同年10月これを在日本朝鮮居留民団(のちの民団)に改組し初代団長となる。’49年民団6全大会で団長選挙に落選、朴烈体制は敗れ’50年5月韓国に帰国。李承晩政権の国務委員となるが、同年6月朝鮮戦争の際、北朝鮮に連行され、そのまま北朝鮮に留まる。’56年在北平和統一促進協議会会長、のち南北平和統一委員会副委員長などを務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android