減刑(読み)げんけい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恩赦の一種で,軽すること。これには刑の言い渡しを受けた者に対して,政令で罪もしくは刑の種類を定めて行う場合 (一般減刑) と,刑の言い渡しを受けた特定の者に対して行う場合 (個別減刑) とがある (恩赦法6) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
刑罰を軽くすること。
恩赦の一。刑の言い渡しを受けた者に対して、政令で罪または刑の種類を定めて刑を軽くし、または特定の者に対して刑や刑の執行を軽くすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

恩赦の一種。刑の言渡しを受けた者に対し政令(減刑令)で罪もしくは刑の種類を定めて行い(一般減刑),また刑の言渡しを受けた特定の者に対して行う(特別減刑)。なお刑法上の刑の減軽とは異なる。
→関連項目中央更生保護審査会

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 恩赦の一つ。裁判で決まった刑を軽くするもの。一定の罪、または、刑に該当する者に対し一律に行なう政令減刑と特定の者に対して行なう特別減刑とがある。〔仏和法律字彙(1886)〕〔清会典‐刑部〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android