コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パサルガダエ遺跡 パサルガダエいせきPasargadae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パサルガダエ遺跡
パサルガダエいせき
Pasargadae

イラン南東部,ファールス州にあるアケメネス朝時代の遺跡。パサルガダエは,キュロス2世によって前 559~550年にかけて創設されたアケメネス朝最初の首都。 1928年ドイツ人 E.ヘルツフェルト,1949~50年イラン人 A.サミによって発掘された。キュロス2世の三つの宮殿 (玄関,住居の宮殿,謁見の宮殿) は方形の広間を中心に周囲を柱廊や小室が取り囲むように設計され,石製の円柱,煉瓦の壁,木の梁でつくられていた。方形の建物,石壇,二つの拝火壇,王墓も発掘された。キュロス2世の墓は石製の6段の基壇の上に切妻形の屋根をもつ石室を載せたもので,ジッグラトに類似した形態をしている。 2004年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パサルガダエ遺跡の関連キーワードアケメネス朝美術

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android