コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パスキエ家の記録 パスキエけのきろくChronique des Pasquier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パスキエ家の記録
パスキエけのきろく
Chronique des Pasquier

フランスの作家ジョルジュ・デュアメル大河小説。 10巻,1933~45年刊。 1880年代から 1920年代のパリを舞台に,一ブルジョア家庭の歴史をたどり,ローラン・パスキエの成長を語る自伝的な作品。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

パスキエけのきろく【パスキエ家の記録】

《原題、〈フランスChronique des Pasquierデュアメルの連作長編小説。1933年から1945年にかけて刊行された「ル‐アーブルの公証人」「聖ヨハネの夜」「シュザンヌと若者たち」など全10巻の総称。架空の人物ローラン=パスキエの回想録という体裁をとり、ブルジョア家庭の歴史を通じて、19世紀末から1930年代に至る時代の全体像を描こうとする試み。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone