パスキエ家の記録(読み)パスキエけのきろく(英語表記)Chronique des Pasquier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パスキエ家の記録
パスキエけのきろく
Chronique des Pasquier

フランスの作家ジョルジュ・デュアメル大河小説。 10巻,1933~45年刊。 1880年代から 1920年代のパリを舞台に,一ブルジョア家庭の歴史をたどり,ローラン・パスキエの成長を語る自伝的な作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

パスキエけのきろく【パスキエ家の記録】

《原題、〈フランスChronique des Pasquierデュアメルの連作長編小説。1933年から1945年にかけて刊行された「ル‐アーブルの公証人」「聖ヨハネの夜」「シュザンヌと若者たち」など全10巻の総称。架空の人物ローラン=パスキエの回想録という体裁をとり、ブルジョア家庭の歴史を通じて、19世紀末から1930年代に至る時代の全体像を描こうとする試み。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android